2016年05月18日

「野ばらの歌 Lied der Wildrose」クラシックギタートレモロ演奏



マリア・リンネマン作曲。演奏:辻林 圭。
クラシックギターのトレモロ曲といえばアルハンブラの思い出やバリオス作品が有名ですが、こちらの曲も負けないくらいの美しい優雅な曲です。

YouTubeへリンネマンさんの曲をいくつかアップしていたことがきっかけで、作曲者本人のマリア・リンネマンさんの目に留まり交流が始まったのですが、この曲(野ばらの歌)を2007年にアップした時は誰もアップしておらず、この演奏がきっかけで作曲者本人のリンネマンさんよりギタリスト辻林 圭に、この「野ばらの歌」を献呈されました。

以下がマリア・リンネマンさんのコメントです。
'When this piece was composed,years ago, I decided to dedicate it to the first guitarist I heard playing it. Since then I have been waiting... And now I am able to dedicate it to my dear friend Kei - what a joy for me! Thank you, Kei! '
posted by くらぎうくれれ at 15:31| Comment(0) | M・リンネマン(ギターソロ・重奏) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください